2018年は人生勝負の年。

2018年は人生勝負の年。

いつもありがとうございます。COKOです。

 

2017年は自分の根底が揺らいだ年

私の大好きなしいたけ占いのしいたけさん(@shiitake7919)が、「2017年は暴露の年」とおっしゃっていました。
今まで隠されていたものが、明るみに引きずり出され、真実を見せつけられた年。芸能人の不倫が次々に発覚したり、#MeTooムーブメントが起こったり。仮想通貨によって「億り人」が何人も生まれ、お金は労働の対価、という通念が根底から揺らいだり。今まで信じてきたものがいくつも議論の対象となり、強い動揺を感じた方も少なくないとお察しします。

 

今年は、私は個人的にも、価値観がひっくり返った年でした。今まで信じて来た「音楽は趣味として会社員をする」という理想像が、「会社にいる自分への違和感」によって、あっけなく崩れ去ったのです。

 

今年の夏、休職をさせていただいた時期は、人生のどん底レベルで、精神的に大きな葛藤がありました。この生き方では、生きている意味がないとさえ感じていました。

参考記事:私はなぜ4ヶ月で会社を辞めたのか?

 

そんな時、不思議な縁があり、一筋の直感を信じて、未踏の高知へと飛び込みました。

参考記事:【お知らせ】会社辞めます!そして9月からシェアハウス「わんく」に住みます!

 

高知では100人以上の方との初対面を通じて、自分のあり方を見つめ直す機会をいただきました。一方で、人間を信じられなくなりそうな出来事もあり。本当に様々な出来事を通じて、私は自分に嘘をつくことができない人間なのだ、ということを嫌というほど思い知らされた年でした。私は悲しい時、一人で泣くのですが、2017年は人生で一番涙を流した年でした。あまりにも、いろいろなことがありすぎて。

 

 

2018年は勝負の年

2018年は、私にとって人生をかけた勝負の年です。2017年は精神的に不安定で、激変した環境に順応するだけで精一杯でした。2018年は地に足をつけて、作曲家としてどこまでいけるか、成長しつつ、お仕事の基盤を作る年にします。2018年12月ごろまでシェアハウスわんくで暮らし、ONEれいほくや高知に住む方々にお世話になりながら、自分を成長させてまいります。

 

さしあたってブログをもう一度、ちゃんと更新するようにします。ブログをやっているかやっていないかは、人間の信用度を大きく変えると考えています(このことについてはまた記事にします)。最近ははあちゅうさんの著書「自分への取材が人生を変える」や、宮本佳実さんの「可愛いままでこう働く」にはまっており、お2人の習慣である「メモやノートを取りまくる」を取り入れているので、ネタが尽きることはありません。

 

それでは、本年も1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。