私の作曲方法。

私の作曲方法。

いつもありがとうございます。COKOです。

結構「どうやって曲を作っているの?」と聞かれることが多いので、私のやり方をご紹介します。

 

前提として、私がこの記事で「作曲」という場合は、「編曲」も同時に含んでおります。

Logicというソフトでメロディとアレンジを同時に打ち込んで完成させていくスタイルです。

 

 

こんな手順で作曲してます

 

①メロディの一部を思いつく

②世界観を膨らませる

③全体のメロディーを作る

④全体の歌詞を書く

⑤点検する

 

順にご説明いたします。

 

メロディの一部を思いつく(歌詞とメロディが同時の時もあります)

良いメロディはいつ何時思いつくかわからないので、思いついたらすぐiPhoneのボイスメモに鼻歌で情報を入れておきます。メロだけでなく、リズム、展開、コード感など、思いついた限りの事を全部メモします。どんなにいいアイディアも1分後には忘れてますので、メモを忘れて「あ~めっちゃいい曲思いついてたのに~!」となることも年1~2回くらいあります笑

クライアントワークの場合は、思いつき任せにせず「よしっ、曲を作るぞ」でひねり出します。私は何かをテーマに曲を作るのが得意なので、「このテーマで曲を作るぞ」と思って1分後にはサビの原型が頭の中で大体完成してます。前述のボイスメモのストックに合うものがあれば、そこから取ってくることもあります。

どんなイメージの曲にしたいか、世界観を膨らませる

膨らませ方は色々あります。

・歌詞の断片をPCに打ち込んで、自分のその時描きたいテーマの中から近いものと掛け合わせてみる

・テレビや雑誌、本を読みまくる

・近いイメージの曲を聴きあさる

・詩を書いてみる

・曲に入れたい要素を箇条書きにしたメモを作る

全体のメロディーを作る

私は詞と曲が両方ある曲では、曲を先に作ることが多いです。

お題がある曲を作る場合は、盛り込むべきワードや要素(「○○さん風の曲にする」、など)をまとめておいて、それを曲で演出するという考え方で曲にしていきます。

全体の歌詞を書く

こちらも、事前に入れるべきワードをまとめておいたメモを参考に作ります。

点検する

全てできたら点検して、よりよくなるよう微修正をしていきます。

 

作曲にはいろいろな方法がある

ちなみに、これはあくまでも私のやり方で、作曲には無限に方法があります。

 

・楽器を触りながら作る

・コードや音楽理論から作る

・セッションしながら作る

・リズムから作る

・ラッパーならフリースタイルから作る

など。

「作曲 方法」で検索してみると色々出てきますよ。

 

私のやり方は多分「鼻歌から作る」のジャンルに入るのだと思います。ただ、鼻歌と聞くとどうしても「フンフン♪」的な可愛いハミングを想像してしまうのですが、私の場合は

「ずんずくちゃ~ずんずくちゃ~ブンブンブンブン、Away~♪らららら~♪ペーペッペペ♪チキチキチキチキずんずくたっつくずんずくたくつくファ~~」

 

といった思いつく限りの歌詞や編曲までメモしていく方法ですので、鼻歌かは疑問です笑

 

とりあえずこの「鼻歌メモから作曲」はスマホのボイスメモ機能ですぐできるので、オススメです!よかったらチャレンジしてみてくださいね。

 

 

お仕事のお問い合わせはお気軽に下記のメールアドレスにお寄せください。

adanrecords1704(アットマーク)gmail.com

または、Twitter(@adan_coko)DMよりお問い合わせいただいても結構です。

遅くとも2日以内にはお返事させていただきます。

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。