私はなぜ4ヶ月で会社を辞めたのか?

NO IMAGE

こんにちは!COKOです。

私は新卒で入社したIT関連の会社を、4ヶ月で辞める予定です。

(ブログのタイトルにもしています!)

現在1ヶ月の休職期間をいただいていますが、

100%辞めるつもりでいます。

心は既に辞めています。笑

なぜ4ヶ月で会社を辞めるのか?

今回はその理由をご説明しようと思います。

 

〜目次〜

理由1:疲れた

理由2:会社での経験が、自分の資産にならないと気づいた

理由3:自分を表現していく仕事がしたいと感じた

まとめ:辞めた後は?→情報発信をして楽しく暮らしながら、どこでも生きていける人間になる!

 

 

理由1:疲れた

会社を辞める理由として大きいのは、

「疲労」です。

私は会社で、3ヶ月間の研修ののち

とある部署の営業職に配属されました。

しかし、わたしは業務をする中で、

会社という組織そのものが自分に合ってないのではないかと

感じる瞬間が増えていきました。

つらかった会社環境BEST3

1. 始業~定時まで拘束される

2. 業務に関係あることであっても調べ物禁止

3. 先輩に常に監視されている

業務内容もわたしにとってはややきついものだったのですが、

そもそも会社という組織に所属するが故のストレスが

わたしには大きな負荷でした。

先輩に言われたことで、

「もう無理だ」と思った決定的な一言がありました。

それは

「この作業、こうやったらいいと思うんですけど、どうですか」

といった感じの質問に対する回答で、

「まずやるべきかやらないべきかを、俺に聞いて」

という一言でした。

正直ショックすぎて詳細は忘れてしまったのですが

(メモっておけばよかった~笑)

もし私が良いアイディアをひらめいても、

新入社員で上に先輩がいるからという理由で、

まず先輩が判断して指示をもらってから取り掛からなければならない。

これが会社。

このスピード感のなさ。

こんなことをしていたら、世の中からもどんどん遅れていく上に、

主体性のない「指示待ち人間」になってしまう…!

と危機感を感じ、一刻も早く脱出したいと感じるようになりました。

私はやや多動気味の人間だと思うのですが笑

会社に所属しているが故にブレーキをかけている自分がいました。

映画を見よう!→でも明日会社だしやめておこう

ブログで収入を得てみたい!→でも会社の規則でダメだからやめよう

など。

でも辞めると心に決めてからは、

ブログを書こう!→ブログを書く

曲のミックスをしよう!→曲のミックスをする

寝よう!→寝る

といった具合で、思考と行動が同期し

非常にシンプルなマインドを手に入れることができました。

誰の指示も仰ぐ必要がないのは素晴らしいことです。

 

理由2:会社での経験が、自分の資産にならないと気づいた

就活時の自分のマインドはこうでした。

 

COKO「会社でスキルを身につけて、5年以内に独立しよう」

 

ちなみに、この5という数字にはあまり根拠はありません。

直感です。

入社後、研修期間を通じて、スキルというよりも

基本的な知識を手にいれることはできました。

 

会社で身につけた知識

  • 電話の取り方
  • 基礎的なWebマーケティングの知識
  • Photoshopの基本的な使い方
  • 財務諸表の見方(少し)
  • etc…

 

3ヶ月の研修期間を終えて、

いざ配属!となった後で、気づいてしまったのです。

COKO「この業務内容、身につけたところで、応用きかないな…」

私は営業職だったので、1ヶ月間テレアポや営業を行ったのですが、

営業職の「スキル」ってなんだろうという問題にぶち当たったのです。

私が先輩を観察して気づいたのは、営業のスキルとは

・商品を欲しいと思わせるテクニック

・信頼してもらうためのマナー

の2つに分解できることです。

この2つの掛け算で営業のスキルは決まると思います。

・商品を欲しいと思わせるテクニック

は、私の部署の場合商材や、商材関連の知識をどれだけ知っているかによって決まっていました。(商材は、販売促進のためのアプリやツールでした。)

そこでおのずと、

商材のアプリや、その関連の知識にめちゃくちゃ詳しくなることが求められました。

媒体資料、活用事例資料を隅から隅まで暗記してね、

常に最新の情報にもキャッチアップしてね、といった趣旨のことを

先輩から言われ続けました。

 

ここで私は違和感を覚えました。

 

COKO「私ってそれにめちゃくちゃ詳しくなるために生まれてきたのかな?」

 

私は「面白いと思えないものを覚えること」が苦手です。

高専の電子制御工学科に3年間通ったのですが、

数学の公式も電気・電子の公式も、何一つ覚えていません。

(先生には申し訳ないです笑)

 

 

COKO「他人が何をどう売りたいかより、自分が何をどう売りたいかを考えたいなあ」

 

 

理由3:自分を表現していく仕事がしたいと感じた

お読みいただいて気づいた方もいらっしゃると思うのですが、

私がいた会社はブラックではありません。

むしろ、

お給料は悪くなく、

完全週休2日制で、

残業は月に10時間くらいで、

有給休暇もとりやすく、

どちらかといえばホワイトでした。

 

また、人間関係の悩みもほぼありませんでした。

 

そんなホワイト企業でさえ

息苦しさを感じたということは、

そもそも会社の社員として働くことに

全然向いていないのだと思います。

 

わたしは色々な本を読み、

色々な人のブログも読んで、

「自分の感じている違和感は間違っていない」

という確信を得ていました。

(どんな本やブログを読んだのかは、別の記事で!)

 

しかし会社を辞めた後、どうやって生きていくのか、

イメージができずにいました。

悩みの中で、

配属から2週間後、

私は既に

会社を休みがちになっていました。

 

その頃に、父と母が東京に来て、

一緒に食事をしました。

 

その際、父から

「ここさんは小さい時から、『表現者』になりたいって言ってたよね」

と言われました。

母からは、

「作曲はいまはどのくらいしているの?」

と聞かれました。

 

私は家族に迷惑をかけたくないと思っており、

会社がつらいということは家族には一切口にしていませんでした。

でもいまこのタイミングで、この発言には、

両親なりに、なにか感じたものがあったのかもしれないと思わざるを得ませんでした。

 

COKO「私はいまひとりでしんどくなっているけど、

いったい誰に気を使って、誰に遠慮しているんだろう?」

 

また、父や母からそのように質問されたことによって、

自分がやりたいと思っていたことにもう一度ぶつかりました。

 

COKO「わたしは音楽や絵や言葉で、自分を表現していきたい!

それをするためには、週2日では足りない!」

 

読んだ本に倣って、

やりたいことを書き出した結果、50個くらい出てきました。

(やりたいことについては別の記事で!)

 

まもなく、

それを叶えるための方法が、

ブログをやることだと気づきます。

(なぜブログで夢を叶えられると確信したのか。詳しくは別の記事で!)

 

やりたくないことは一切やらなくていい。

いますぐにやめよう。

やりたいことだけやって、

夢を叶えよう。

 

そう思えたことによって、

会社を辞めることを決意できました。

 

しかし、いきなり退職届バーン!をできるほど、度胸が座っている人間ではありません笑

7月末に受診した心療内科で、適応障害の診断も頂いたので、

とりあえず業務から離れて、

自分の決意が本物か確かめたいという気持ちで、

まずは休職をさせていただくことにしました。

(適応障害について詳しくは別の記事で。)

 

しかし休職中、「辞めよう」という気持ちしか起こってこないので、

会社は休職期間終了と同時に辞めようと思います。

 

まとめ:辞めた後は?→情報発信をして楽しく暮らしながら、どこでも生きていける人間になる!

いかがでしたか?

長くなりましたが、以上が会社を辞めた理由です。

これからはブログで発信を続けながら、楽しく暮らしていきます!

 

それでは。

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。