平常心の保ち方。

平常心の保ち方。

いつもありがとうございます。COKO(@adan_coko)です。

 

「COKOちゃん、ほんと落ち着いたよね」

先日、そんなことを言われました。

「高知にきたときと、だいぶ別人格になったよね」

 

わたしにとって、最高の褒め言葉であります。

そこに気づいてくれるとは、なかなか鋭い。

 

 

高知にきたときは精神不安定だった私

高知にきたのは、およそ9ヶ月前の2017年9月。会社に勤めているのが辛くなり、8月末で退職して、2週間後には高知に引っ越していました。

住む予定のシェアハウス・わんくが完成するまでの間はNPO法人ひとまき(旧・ONEれいほく)の複数の拠点に住み、12月にわんくに入居して現在にいたります。

いま振り返ってみると、ほんとうに最近まで、精神的に忍耐の期間だったなと思います。

もともとイライラすることが多い性格だったのと、会社をやめてこれから大丈夫かなという不安感(概ね大丈夫だろうと考えてはいたのですが、やはり不安もありました)、それと高知での色々な出来事が重なり、数々の奇行を重ねました。

ざっと思い出してみても、

・夜中にモヤモヤして大声で叫ぶ

・風呂に閉じこもって2時間以上泣く

・気に入らない人を頭の中で刺す

など…。陰口を叩いたりひとに愚痴をいったりするのは好きではないので、全部自分の中に抱えて処理していました。

 

しかし、いまはそういうこともなくなり、比較的落ち着いた気持ちで日々を送れるようになってきました。

なぜそのように変わったのかを、書いておこうと思います。

 

 

なぜ平常心を保てるようになったか?

①「書いて心を整理する」というやり方を身につけた

今までの私は、「こうなりたい」という理想と「あの人苦手」や「お腹すいた」といった雑念を、頭の中で並列に並べてしまっていました。

しかし「将来はこんな生活がしたい!」「これぐらい稼ぎたい!」といった理想だけをノートに書き出しはじめたことによって、それをはっきりと目標として認識し、迷いなく動けるようになりました。

「理想を紙に書き出す」という習慣は今年の1月ごろからはじめていて、今は毎日の日記にちょこちょこ書いたり(日記も紙のノートにつけています)、新月のタイミングでノートに一気に書き出したりしています。

(スピリチュアルな効果はよくわかりませんが、定期的に理想を書き出すタイミングとして、新月を活用しています)

理想を書き出すことのもうひとつ良いところは、「人には人の生き方がある、自分には自分の生き方がある」と思えるようになったことです。自分の目標を見据えて頑張れば良いので、キョロキョロして他の方をみて焦ったり、イラついたりすることがほとんどなくなりました。

 

②「やりたいことだけやる」のマインドで安定した収入源を確保し、自分の事業もうまくいきはじめた

会社をやめる前に読んでいた堀江貴文さんの本「多動力」と「好きなことだけで生きていく。」に、「やりたくないことをやるな。徹底して好きなことをしろ」という趣旨のことが繰り返し書いてあって、感銘を受けて以来、今はそれをかなり実践しています。


多動力 (NewsPicks Book)


好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

 

その結果、移住先の高知で、色々なアルバイトを転々とすることにもなったのですが、最終的にはとても私に有利な条件で、楽しく働けるアルバイト先で働けることになって、精神的にも金銭的にも、ストレスが大きく減りました。

また、「作曲家として生計を立てられるようになりたい」という目標のもと、色々な方法で作曲の仕事を取ろうと模索していたところ、今年の2月にココナラに出した作詞のサービスが当たり、累計で4万円近くを稼ぐまでになりました。ココナラ以外でもSNSを頑張ったりすることで、トータルでの私の個人事業(作詞作曲)の収入は徐々に増えはじめています。

まとめると、書き出してわかった「理想の生き方」に向かって、やりたいことだけやるために試行錯誤しながら動いているうちに、ものごとがうまくいきはじめた、という感じです。

 

③強くなれるライフスタイルを身につけた

多少心がざわつくようなことがあっても大丈夫なように、自分の生活習慣を作っていきました。

規則正しい生活をする

どんなに遅くても深夜1時半までには必ず寝て、朝は8時までには起きるようにしました。

現在はだいたい0時就寝、朝7時半起床のリズムになっています。

 

食事はタンパク質と野菜を中心に3食自炊

もともと料理が好きなのと、息抜き、健康管理、節約の3つを実現するために、3食自炊をしています(夕食はシェアハウスのメンバーで交代で作っています)。

 

お昼の定番ラーメン。冷蔵庫の残り物整理にもなるので、よく作ります。

メニューは肉、卵、魚、豆腐といったタンパク質と、高知の美味しい野菜がたくさんとれるように工夫しています。自分のために心を込めて作った美味しいものを食べていると、メンタルが安定します。

 

アロマテラピー

ノートに理想のライフスタイルを書き出してみたら「いい香りがする部屋に住んでいる」など、香りに関心があることがわかったので、アロマテラピーをはじめました。実際、私にはとても合っていて、多少のイライラや不安感はアロマの力を借りて乗り越えることができるようになり、心に安定感が出ました。

 

アロマオイルの世界にハマり、正しい知識を身につけたいなと思って、すぐに勉強してアロマテラピー検定1級もとりましたよ!

https://twitter.com/adan_coko/status/1006761273399369728

 

特に好きな香りはゼラニウムです。ローズに少し草っぽさが入ったような、甘く力強い香りがします。眠る前にティッシュに垂らして枕元に置いておくと、眠りが深くなって翌朝スッキリ目覚めます。虫除け効果もあるようです◎

ブランドは信頼できるアロマ専門店の生活の木のものを使っています。少量から買えるのが嬉しいです。


生活の木 オーガニックエッセンシャルオイル ゼラニウム 3ml

 

 

ヨガ

作詞作曲や執筆活動で内勤が多いのですが、リフレッシュにはヨガを取り入れています。

ヨガは

・体が伸ばせて気持ちいい

・血行がよくなって頭の回転が早くなる

・意外と筋トレになる

・人間の体ってこういう動き方できるんだ!という新鮮な発見がある

と、クリエイターの味方のような良いとこだらけで、非常に良いアクティビティだと思います。

場所も2畳程度でOKですし、体一つでできてお金も全くかかりません。

チュートリアル動画も、プロの先生が丁寧に解説してくださっているものが、YouTubeにたくさんあります。

B-lifeのマリコ先生の動画は初心者にもわかりやすくて、本当におすすめです。

たくさん種類があるので、飽きずに続けられるのも良いですね。

私のおすすめは股関節、腰といった、下半身をほぐす系です。下半身だけでなく、全身がスッキリする感じがします。

 

※ヨガのポーズは難しいものも多くて、無理にやろうとするとケガをしてしまう事例もあるようです。ポーズに自分を合わせるのではなく、自分の体優先で、無理のない範囲でやることが大切!

 

 

おわりに:信頼できる、強い自分を作る

今までの私は、環境に左右されすぎて、メンタルが不安定になっていました。

今は叶えたい目標がはっきりしているので、日々行動できるように、そしてチャンスを掴めるように、フィジカルもメンタルも、いざというときに信頼できる自分を作っていくことが、大切だと考えています。

どんな人も、最後に頼れるのは自分自身です。

 

「どんなライフスタイルを送りたいか?」

「どんな自分になっていきたいか?」

まずはそれを紙に書き出して、自分の理想を知ってから、逆算してライフスタイルを作っていくのが良いですよ。

 

ライフスタイルの構築は、一朝一夕にはできません。

コツコツやっていきましょう。

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。