作詞作曲を仕事にするためにわたしがやったこと。

作詞作曲を仕事にするためにわたしがやったこと。

いつもありがとうございます。COKOです。

 

「好きなことを仕事にしたい」と思っている方は多いです。

わたしもかつては夢みている一人でした。

今は好きな作詞作曲で事業をはじめて、現在は月10万稼げています。

 

「好き」で終わらせないためにわたしがやったことを、今回は記事にしてみようと思います。

やったこと①まず無料でやらせてもらう

まず、いろんな人に「わたしは作曲家になりたいんだ!」ということを言っていました。

「こんな曲作ったんだよ」と、過去の実績も会う人、会う人に話していました。

その中から「曲を作ってほしいな」という人が出てきた時は、まず無料でさせてもらうようにしました。

 

こちらのハヤシさんの曲は、「ラーメンをごちそうしてもらったお礼」に作りました。
(その後、この曲に関しては十分すぎるくらいお返しをいただきました)

無料でやった理由としては、
・実績を作りたい

・自分の実力で仕事になるか見極めたい

・値段をつけるための相場を見極めたい

といったことがありました。

無料でさせてもらう代わりに、こうしてYouTubeで公開したり、いろんなところで紹介させてもらって、ネタにしていきます。

そこから次のお客様が途切れずにきてくださるようになり、お仕事化へと繋がっていきました。

 

ただの趣味とお仕事の違いは「お客様がいること」です。

したがってまずはお客様をゲットします。

マネタイズはじぶんの価値が上がってからいくらでもできますからね。

 

やったこと②開業する

いきなりびっくりされるかもしれませんが、個人的にめちゃくちゃ効果があったのがこれです。

わたしは2018年1月1日付で、「あ段records」の屋号で高知税務署に開業届を提出しました。

 

https://twitter.com/adan_coko/status/955307489607610368

 

これをしてから、

個人事業主になった!=好きを仕事にして開業した!

という実感がめちゃくちゃ湧いてきたので、経営者として物事を考える脳にシフトして行っている感覚があります。

現在のご職業的に難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、できる方はぜひやってみてほしいです。

お金はかかりません。

書類の作成も開業freeeで簡単にできます。

また、書類で審査されるといったことはほぼありません。

 

https://twitter.com/adan_coko/status/1033888812290568194

 

やったこと③スキルのパッケージ化と、お店の開店

ただ「わたしは作曲ができます!」と言っても、お客様には響きません。

わたしの場合は、先ほどの無料で受けた時の手応えと、実際にいただけたお金を擦り合わせて、「30秒5000円」と価格を決定しました。

これによって、商品をお客様に判断していただけるので、一気にビジネスになります。

 

価格を決定できたら、お店を開店することをオススメします。

 

https://twitter.com/adan_coko/status/1040590462225006599

 

このツイートにも書きましたが、「メニューを作る」ができたら「お店をだす」のが良いです!

お店がない所にはお客様は来ないです。

ご自身のブログやSNSに「こんなサービス始めました」と書くのはもちろん。

イラストやデザイン系ならSUZURICanvath(キャンバス)でオリジナルグッズを作ってみる。

スキルの販売ならBASEココナラにお店を出してみる。

どこからお客様はくるかわからないし、サービスとじぶんの相性もあるので、まずは登録無料のサービスには手当たり次第お店を出してみるのをオススメいたします。

 

わたしの場合は、ココナラに出した作詞のサービスがドカンと当たって、現在の収入に繋がっています◎

最短即日納品◎作詞します オリジナル曲に歌詞が必要な方へ♪プロ提供実績多数、商用OK!

 

おまけ:好きを仕事にできる脳のためのおすすめ本紹介

ここに書いた考え方をつくるのにおすすめの本を紹介しておきます!

よかったらチェックしてみてくださいね♪


「自分」を仕事にする生き方 (幻冬舎単行本)


大丈夫、あなたは「好き」を仕事にできるから。

 

それでは!

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。