「シェアハウスわんく」の内部を住人が紹介します!

「シェアハウスわんく」の内部を住人が紹介します!

 

いつもありがとうございます。作曲家でラッパーのCOKOです。

今回は、私が住んでいる「シェアハウスわんく」を大量の画像とともに紹介します!

バーチャル見学に来たつもりでお楽しみください。

シェアハウスわんくって?

「シェアハウスわんく」は、「暮らして学ぶシェアハウス」をテーマに、NPO法人ONEれいほくが運営するシェアハウスです。場所は高知県の嶺北。1年間の期限内で、男子2名、女子2名の計4名の住人それぞれが成長を目指します。住人にはONEれいほくのメンバーが、それぞれ1名ずつメンターとしてつき、目標達成をサポートします。

わんく1Fの共有スペースは、ONEれいほくの4つめの拠点として、ONEれいほく関係のコワーキングやONEれいほく主催の各種イベントの会場にも利用しています。イベントの内容は、小規模な勉強会から、30〜40人ほどの人が来るイベントまで様々です。

現在までに、フリーランス向け確定申告講座、冒険家の反町亮さんの講演会、プロブロガー・あんちゃさんの出版記念講演などが開かれています。今月3月10日には作曲家/ブロガーのこおろぎさんの講演会も開催されます(詳細はこちら)。

 

早速、わんくのバーチャルツアーへGO!

外観

2017年の11月末に完成したばかりのシェアハウスわんく。嶺北産の杉でできています。玄関は東向きです。

2階建てで、1Fがコワーキングやイベントで利用する共有スペース、2Fが住人(4名)の個室になっています。

1F/2F 間取り(COKOの手書き)

1F

 

各スペースの正確な広さはわかりません( ・∀・ )ゞ

共有スペースは感覚的には20畳くらいです。

2F

 

住人の個室が1人1室ずつあります。部屋そのものの広さは6畳で、1.5畳のロフトがあるので計7.5畳のスペースが与えられています。

 

玄関

早速中へ入ってみましょう。ここは玄関。金運と出会い運を上げたいので、COKOは毎日掃き掃除、週に2回三和土の水拭きをしています。笑 したがって常にピカピカです。

靴の棚は住人ごとで分けていて、一番上のTimberlandが置いてあるところが私です。

共有スペース

普段住民がだんらんで使っている大きなスペース。

https://twitter.com/wanku19/status/961930229034840064

 

(上のツイートの動画、住人ではない友人が一緒にご飯を食べています。笑)

お客さんもよく来て、一緒に作業したり遊んだりお話ししたりもここでします。

https://twitter.com/adan_coko/status/939853288668663808

https://twitter.com/adan_coko/status/941958827607339008

また、ONEれいほく関係者のコワーキングや、イベントで使われることも。

洗面所

さてさて、再び居住スペースの紹介。こちらは玄関入ってすぐの場所にある洗面所です。後ろに洗濯機が2台置かれています。洗濯は男女で1日おきに交代で行っています。

脱衣所

わんくが完成する前に住人で作った机が置かれています(サイズがぴったり!)。

お風呂

自動の給湯システムと、浴室乾燥があります。

 

トイレ

トイレは1Fと2Fに1つずつあります(写真は1F)。

 

キッチン

とっても快適なシステムキッチンです。

コンロはIHで3口。

 

私は料理が大好きで、#わんく晩ごはん の料理は全てここで作っています。

https://twitter.com/wanku19/status/962880482726703104

https://twitter.com/wanku19/status/958697663083397120

冷蔵庫

ついでに冷蔵庫の中身。もらったものや、直売所で買ったお野菜、土地のものが多く入っています。

地下貯蔵庫

キッチンの下に、倉庫のような地下室があります。ワクワクしますね。笑

ちょっと汚い写真で恐縮ですが…。防災グッズや、ゴミ出し前のダンボールなどを入れています。結構広くて、4畳くらいあります。

2F廊下

階段を上がって2Fです。

廊下の手前は吹き抜けになっています。

 

COKOの部屋(!)

初公開、私の部屋です。大学時代から使っているお布団と、昨年東京で一人暮らししながらOLしていた時に使っていた机&椅子とゴミ箱で構成されています。

南側の壁は「アート壁」と呼んでいて、大好きな絵葉書やポスターを飾っています。

https://twitter.com/adan_coko/status/963338441386688513

https://twitter.com/adan_coko/status/963346905483837440

ロフトへ上がるはしごです。

普段はこのように、壁にかけてあります。必要な時に出します。

COKOの部屋のロフト

ロフトです。

私は荷物置き場として利用しています。(他の住人もだいたい荷物置き場にしていたと思います。)

ロフトの上からの眺めです。3メートルくらいの高さがあるので、寝床にするのはちょっと危険かもしれません笑

 

いかがでしたか?

以上、わんくのバーチャルツアーでした!住人についてや、わんくでの生活のことは別記事にまとめて更新いたしますので、お楽しみに。

 

☆シェアハウスわんくのTwitterはこちら(住人が更新してます)☆

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。