【COKOラジオ】withイケハヤさん対談!その1「稼げるクリエイターとは?」

【COKOラジオ】withイケハヤさん対談!その1「稼げるクリエイターとは?」

いつもありがとうございます。COKOです。

毎日お昼の12時半からブロガーズギルドで「COKOラジオ」という番組を放送しているのですが、それが先日10/16(火)に100回を迎えました!

100回記念に、あのイケハヤさん(@IHayato)に対談オファーをさせていただいたところご快諾いただき、出演していただきました。

https://twitter.com/adan_coko/status/1051977712988872704

 

テーマは「稼げるクリエイター概論」

今回はそのエッセンスを文字起こしつきでお送りします。

「稼げる場所の見つけ方。」

好きを仕事にできるクリエイターとは?

 

COKO
COKO

好きなことを仕事にできる人と趣味で終わる人の違いは何でしょう?

イケハヤさん
イケハヤさん

単純に作業量ですね。時間とエネルギーをどれだけ費やしているか。

思いついたことをすぐやるのが大切、とのこと。

 

インプット自体をアウトプットにする

 

COKO
COKO

イケハヤさんの発信を見ていると、呼吸するように生産していますよね。コツはあるのでしょうか?

イケハヤさん
イケハヤさん

インプット自体をアウトプットにする、という感じ。与沢翼さんはうまいですよね。ダイエットの次は、英語を学んでる様子自体を発信しようとしてる。僕も、学んだことはすぐアウトプットするというのを意識しています。

COKO
COKO

その場で発信されるということですか?

イケハヤさん
イケハヤさん

そうですね。今気づいたこと、考えたこと、知ったことを出す。動画も、今日感じたことはすぐに出す。そうすると生産量が増やせますよね。今の時代は、数を作らないとSNSで勝てない。たくさん作って色々な場所に置く。これが大事です。

 

付加価値か、生産量か?

 

COKO
COKO

以前COKOラジオで、クリエイターは生産量だけでなく付加価値が大切なのではないかという話をしたことがあるのですが、イケハヤさんはその点どうお考えですか?

イケハヤさん
イケハヤさん

自分のコンテンツの価値が決まるロジックって…何だろうな。神のみぞ知る世界ですよね。意外なものがウケたりする。

結局何が起こるかわからないので、出し続けるんですよね。その中から反応がいいものを磨き上げていくのが、最短距離で結果を出す方法です。

 

コンテンツの価値は市場に委ねろ!

 

イケハヤさん
イケハヤさん

いいものを作ろうとして作品をなかなか世の中に出さないタイプのクリエイターって、コンテンツの価値を自分で判断しようとしすぎてますよね。価値は受け手が決めるんですよ。

作品の価値は出してみないとわからないのだから、①まず生産量を確保して、②市場にひたすら出して、③そのあといいものを作り込んでいくほうが、付加価値が出る。

 

COKO
COKO

なるほど。自分で全て決めるのでなく、市場にある程度委ねるということですね。

イケハヤさん
イケハヤさん

僕だってブログもツイッターもずっとやってるけど、何がウケるかわからないですからね。

 

COKO
COKO

イケハヤさんでもわからないんだ!

イケハヤさん
イケハヤさん

無理ですね。誰もわかんないんじゃないかな。

 

イケハヤさんが稼げてる理由

 

COKO
COKO

イケハヤさんが稼げるようになった秘訣も生産量なのでしょうか?

イケハヤさん
イケハヤさん

前提としてはそこなんでしょうね。僕は書くのが早くて喋りもできるので、生産量は多いほう。そこは強みです。ただ、稼ぐ力はまた別な気もしますよね。

 

COKO
COKO

お!重要な話!

イケハヤさん
イケハヤさん

稼げるかどうかは市場なので、儲かる市場に足場を置かないと厳しいです。生産量云々とか、クオリティ云々ってよりは、どの市場にコミットしようとしてるのかが重要になってきます。

僕がビジネス的にうまくいってるのは、儲かる市場を選んでるから。作品のクオリティが高くなくても稼げたりする。収益性が良い市場、金回りが良い市場に足場をおくのが大事。

 

 

☆その2「稼げる場所の見つけ方。」に続きます!

☆その3「作品よりも作者に投資する」はこちら

 

 

 

作曲家、ラッパー(MC COKO STYLO)。あ段records代表。24才金髪女性。東京のIT企業を新卒4ヶ月で辞め、高知の超田舎で作曲中。得意ジャンルはオーケストラからTrapまで。DJ練習楽しい。あなたの「似顔曲」作ります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。